プロフィール

nas@みかん。

  • 管理人:nas@みかん。
  • みかん。@はてブ

  • 基本的にあらゆることの感想を書き綴るブログです。

アクセスありがとう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

みかん。
それでも感想を書いて生きます。
スポンサーサイト はてブへのリンクこのエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想文】君のぞらじお感謝祭 2006.04.07-08 このエントリーを含むはてなブックマーク
こんばんは。nasです。

一日経って落ち着いたので書き記してみます。

「君のぞらじお感謝祭」2006.04.07-08、「Love Adventure」「未来への咆哮」感想です。


参考:「君のぞらじお公式

2日間にわたって行われた今回のライブ&イベント。さすがに疲れましたが、それでも楽しかったです。

一日経って、腰に来てますが。


●1日目「Love Adventure」
出演者:栗林みな実、たかはし智秋、谷山紀章、浅井清己、吉住梢、ジョイまっくす、斉藤K

セットリスト:
・未完成のGUILTY
・Be wish! my soul
・遠い夏の日
・silver ring
・コワしてGOOD JOB
・UYA-MUYA HEAVEN
・beginning
・風のゆくえ
・日常☆CRASHER
・パノラマミライ
・Funny Girl
・KATAOMOI
・MAGIC
・Love Adventure
・secret place


1日目は公開録音などもあり、トークが多かった印象でした。
途中、オルタアナザーエピソードの告知や、ボークスからの戦術機リリースの告知もあり。

んで印象に残ったのは大スクリーンで見るオルタ名場面。
プロローグの横浜ハイブとか、ファイナルエピソードの霞が転校してくるところとかを、厚生年金会館の大スクリーンと大音響で見られたのは感動でした。

特に霞のシーンは泣けた。。。


しかしなによりもこの日は浅井清己の誕生日祝い(4月12日だそうです)を会場全員でやったことが印象的。
今回も緊張してたみたいですが、やっぱりそれが可愛い。リアル年齢が32だとしても、あの可愛さは間違いなく大空寺そのもの。

そしてライブで盛り上がったのはワイルド3人娘。
ノリやすいしねぇ。

お約束で、終了が予定より1時間押してました。さすがアージュですな。



●2日目「未来への咆哮」
出演者:JAM Project、栗林みな実、谷山紀章、BASXI、ジョイまっくす、斉藤K

セットリスト:
・Go For It!
・LAST SMILE
・未完成のGUILTY
・翼はPleasure Line
・Blue Treasure
・Shining☆Days
・Crystal Energy
・Precious Memories
・Rumbling hearts
・君がいた季節
・I will
・桜の花が咲くまえに
・遙かなる地球の歌
・マブラヴ2005
・未来への咆哮
・翼
・Carry on
・牙狼
・エンブレム
・GONG

この日はライブ中心。なんといってもJAMですから。

しかし、それ以上に楽しかったのはRumbling Heartsの前に入った演出。
大スクリーンで、君のぞアニメの序盤シーンが流れたのです。

遙と結ばれる直前までいくシーンと、事故当日のシーン。

普通にアニメが流れてるだけですが、客席から掛け声が飛ぶのが爆笑。

遙の部屋に入った瞬間「押し倒せ!」って叫ぶ声が聞こえたり、ちょっとエッチな感じになると「うほっ」という声が聞こえたり。

観客の一体感がものすごいものがありました。

事故当日、水月に会って指輪を買うシーンでは「あぁああぁぁあぁ!!」という声が至るところから。
そしてちらっと遙が映ると「遙逃げて~~~~」の大合唱。

往年の「志村後ろ~!」の感覚で叫んでました。

そして事故シーンからRumbling Heartsへ。
その演出に、会場が一体となって盛り上がってました。

「みんなすごい盛り上がってたね~」
と、みな実タンが言ってましたが、本当に楽しかった。
同じ作品が好きで、集まってきた2000人。妙な結束力を感じました。


同じような演出では、オルタのプロローグ、横浜ハイブのシーンから「未来への咆哮」へと繋ぐ演出がありました。


「会場で俺達の声を聴く時に、みんなの心のスクリーンには、感動的なシーンの数々がよみがえることでしょう!!
これこそが、アニソンの醍醐味です。」

と、会場で配られたチラシに、影山ヒロノブさんが書いていたのですがまさにその通り。

作品があって、歌がある。
ニトロのライブDVDで、でじたろう氏が書いてることにも繋がります。
どんなに作品の内容を忘れてても、曲を聴いたらそれだけでシーンが思い出せる。

ライブならではの感動と、ゲーム内のシーンを思い出す感動。
ずいぶん贅沢な時間が過ごせました。


毎度のことですがみな実タンの衣装が妙にエロいし。

JAMと絡みにくそうだったジョイさんも印象的でした。1日目の元気さとは大違い。その様子が笑えました。


アンコールでソウルテイカーと未来への咆哮、マブラヴをJAMとみな実、キーヤンで歌ってましたが、それも良かった。
意外とGONGが盛り上がったのも思い出。やっぱりスパロボ好きは多いのか。

腕を振り上げ続けた2日間でしたが、本当に楽しかった。
次回もぜひ。



「さきもり!!」という声に「ジュン!!」と反応してジャンプする会場のみんなが大好きでした。

同好の士、というものの楽しさに気づけた今回のライブイベント。

作品と、それを支えるファンの繋がり。
なんだか熱い気持ちにさせてくれた2日間でした。



それでは、また。
スポンサーサイト


------------------------------- 【みかん。@はてブ】


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nas0620.blog3.fc2.com/tb.php/80-8c13c403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。