プロフィール

nas@みかん。

  • 管理人:nas@みかん。
  • みかん。@はてブ

  • 基本的にあらゆることの感想を書き綴るブログです。

アクセスありがとう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

みかん。
それでも感想を書いて生きます。
スポンサーサイト はてブへのリンクこのエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイド喫茶に続くには このエントリーを含むはてなブックマーク
こんばんは。nasです。

今回はちょっとした思いつきを。

2週間ほど前の土曜日。大雨の秋葉原にいた時のこと。
久しぶりにメイド喫茶でも行ってみるか、と友人Hとメイリッシュへ。

ちょうど「ツインテール」デーだったその日は、限定メニューに「ツンデレライス」というものがあったのです。(キムチチャーハンでした)

それを食いながら、メイド喫茶のイベントとして「ツンデレデー」があったらおもしろいんじゃないかと二人で考えてみたわけです。


~ここから想像~

入店時は
「・・・おかえり(ぶっきらぼうに)」

もちろん席は案内してくれません。
どこに座ろうか迷っていると「さっさと座りなさいよ」くらい言ってくれればベスト。

注文しようとすると「なによ」みたいな感じで対応してくれれば最高。

料理を運んできたら「さっさと食べなさいよ!」的な一言が欲しい。

そして帰り際に「ま・・・また来てくれなくたっていいんだからね!」とか言われたらもう一度行きたくなること請け合い。


~ここまで~



むしろ「ツンデレ喫茶」とか作ってもいいのではと思う。
店員の教育がものすごく難しそうですが、メイド喫茶が飽食気味な現在、別ジャンルとして流行るかも。

というかあったら行きたい。


コスプレしてる、というだけで客が集まった時代はもう終わるのではないかと思うので、思い切って完全にキャラを作ってなりきってはどうだろう。

メイド喫茶の値段設定なら、それくらいしても良いと思いませんか。


「お帰りなさいませご主人様」と言う人=メイドさん、ではないと思うのです。
どこまで演じきれるか。ブームが終わった後のメイド喫茶には、そういうものが求められているのではないかと思ったわけです。


・・・オタクの求めるハードルは高そうですが。


それでは、また。
スポンサーサイト

テーマ:メイド喫茶 - ジャンル:サブカル

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nas0620.blog3.fc2.com/tb.php/14-3d5c2bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。