プロフィール

nas@みかん。

  • 管理人:nas@みかん。
  • みかん。@はてブ

  • 基本的にあらゆることの感想を書き綴るブログです。

アクセスありがとう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

みかん。
それでも感想を書いて生きます。
スポンサーサイト はてブへのリンクこのエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想文:仮面ライダー響鬼 最終之巻 このエントリーを含むはてなブックマーク
こんばんは。nasです。

打ち切りの悲しさが随所に。「仮面ライダー響鬼」最終話感想です。

48話で打ち切られるだけあって、展開に無理が多すぎました。
ラストまで弱キャラだった威吹鬼&轟鬼も悲しいですが。

冒頭、いきなりオロチを沈めた1年後になってる展開にまず驚き。
ライダーって一応は敵を倒して終わる展開だと思ってただけに、魔化魍を全滅できてないまま終わるのがどうも心残りです。

そして京介が鬼に。これはもういいや。

モッチーがさらわれた意味もよくわからないし、ラストになって新キャラが出てくるあたりも全くわかりません。

・・・それでも。
この作品は、おもしろかった。そう思わせてくれたのはエンディング。


「僕は鬼にはなりません」という結論を導いた明日夢。
響鬼さんの真似ではなく、自分の意思で、自分の力で人助けをしようと決意した明日夢に感動しました。

「鍛えたな、明日夢」という響鬼さんも最高。
「鬼になるだけが、オレの弟子になることじゃない」。

鬼とは、生き様。
よく生きる、その姿こそが鬼であるということ。
明日夢が選んだ道も、鬼ということなのでしょう。


ラストの展開にも文句は多々ありますが、最後の最後で安易に明日夢を鬼にしなかったことに対して拍手を送りたいです。

ただし・・・やはり残念なのは30話以降。
あの路線変更がなければ、もっと深みのある話になっていただろうと思うと悔やまれます。


商業的には失敗だったのかも知れませんが、久しぶりに見たライダーシリーズということで管理人にとっては思い出の作品になりました。
1年間ありがとう、響鬼さん。

でも、残念な作品だよなぁ。。。
ひいき目に見なければ、かなり評価の低い作品になってしまうのが残念でなりません。30話あたりまでは最高なだけに残念。



さて、来週からは「仮面ライダーカブト」です。
次回予告が微妙に棒読みっぽいのが心配ですが、まぁ見守ります。


それでは、また。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nas0620.blog3.fc2.com/tb.php/11-ab87d973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。